movietraverseのblog

映画TRAVERSEのブログです。

映画をロケする地域が決まって...

ロケハン...ロケーションハンティングを行います。

DSCF0837

00_50_26_10.髱呎ュ「逕サ203



その地域の特徴的な場所、美しい場所...

「画になる」場所を探します。

DSCF1268

DSCF1264


それぞれのシーンに適しているということはもちろんですが、

その上で、せっかくこの地域で撮るのだから...という想い、

より美しい画になるように...

DSCF1346


素晴らしい場所をみつけたとき...

「おぉ!!この場所...使いたい!」

などと...やりながら、何気ないシーンでも、

少しでも...より良い画を...と、手抜きなしです。

アクションシーンの撮影には時間がかかります。

この映画は、アクション映画ですので...

たくさんの時間をアクションシーンに費やすことになります。

01_26_41_05.髱呎ュ「逕サ334


ひたすらアクション...という日々もあります...。

主役の高梨淳、ずっと闘っています...主役ですから...。


ハードスケジュールの中でのハードなアクションシーンの撮影...

今でこそ、TRAVERSE関連のラジオやテレビ番組で、そのハードなエピソードを

笑い話などにされている主演の田部井さんですが...

その現場は相当過酷だったはずです。

DSCF1055


その現場で、スタッフが思ったのは、

「武道家は...やはり、普通ではない...」

...どのように普通ではないかというと、主役なので、アクションシーンの連続で

ボロボロになっているはずなのですが、現場の雰囲気を明るく、楽しい場所に...

”座長”として引っ張っていたこと...

現場の雰囲気を創るのは、監督と”座長(主演)”です。

DSCF1074


この映画のウリのひとつ、リアル武道空手家を主演に抜擢...で、田部井さんが主演をはられ、

映画の中だけでなく、座長として...超人だった...です。

TRAVERSEのロケはハードスケジュールでした。

短い時間でいかに良いものを、いかに効率よく撮るか...

とにかく、時間との闘い...

キャストの方々の時間調整、撮影場所の使用時間の制限、移動の時間...

様々の兼ね合いをつけて複雑な撮影スケジュールを組みます。

DSCF0857


ときに、2班に解かれて撮影などもあり、ときに合流、

スタッフやキャストを入れ替えて別々へ...など、複雑な日もありました。

DSCF1214


この撮影スケジュール...全部のシーンを効率よく撮るように...組むのも大変です...。


当然ですが、キャストは時間が前後しまくります。

その時点でのそのキャラクターになりきらなければなりません...

DSCF0958

DSCF0978


キャスト、スタッフ、それぞれのパートの役割を全員がバッチリ果たして、

ひとつの作品となります。

チームTRAVERSE...最高のチームでした...。

↑このページのトップヘ