movietraverseのblog

映画TRAVERSEのブログです。 日本発の武道空手家によるリアルアクション・ヒューマンエンターテイメント映画

映画「TRAVERSE~トラバース~」

アクションシーンは、本作でアクション監督を務められた

アクション俳優・白善哲さんが一手に引き受けられて

全アクションシーンを組み立てられました。


アクションシーンを創るにあたって、

あるシチュエーションで、主演・田部井さんに

どのように対応するかを伺っていました。

DSCF0448
DSCF0454


白善アクション監督「淳さんでしたら、この状況、どのように対応されますか!?」

首にナイフを突きつけられている状況など

実際にその状況を創って、対応していただいていました。


目にもとまらぬ早技で、ナイフを持った相手を制した田部井さん。

その動き、劇中でも取り入れられていました。

00_28_54_07.髱呎ュ「逕サ119


本物の武道空手家が主演ということを活かし

リアルな対応をしていただき

その動きを参考にして組み立てたアクションシーンもちらほらと。

そういう意味でもリアルアクション!


リアルな対応がちりばめられた、アクション映画です。


映画「TRAVERSE~トラバース~」公式サイト

映画のイメージ、思い入れなどあるので、

あまり言わない方が良いのかもしれませんが

悪役のみなさん、素ではとても良い方です。

00_22_30_16.髱呎ュ「逕サ100

00_28_31_04.髱呎ュ「逕サ118


敵ボス・ウォン役の津田寛治さんです!

最強の敵・マサト役の笠原紳司さんです!

刺客・レン役の遊木康剛さんです!

刺客・チャン役のたつみげんきさんです!

刺客・ロン役の酒井靖史さんです!

刺客・フー役の三木龍一さんです!

01_09_21_01.髱呎ュ「逕サ262


などと、紹介を受けた時、素の状態を観ますと、

悪役?本当に悪者になれるのでしょうか...

と、失礼ながら思ってしまうほどですが、


そこは、やはり、当然と言えば当然なのですが、

さすが役者!!

カメラが回って撮影開始となったら、

悪のオーラバリバリの悪者になられています。


映画TRAVERSEの悪役のみなさん、

映画の役からは想像もできない、本当に良い方ばかり

このギャップは本当にスゴイです。

映画「TRAVERSE~トラバース~」

様々限界を超える!映画です。

撮影は、非常にハード!

朝まで撮影は当たり前!

DSCF1180


それも、アクションシーンで特にそうなるので、

身体的に激しく削れながらの撮影。

キャスト、スタッフともに限界を超えていく

まさに、全員TRAVERSE!!


チームTRAVERSE、一丸となって超えていきます!

全員で限界突破!!


高梨のセリフ...

「自分を...超える!」


全員が心の中で言っていたように思います。


映画「TRAVERSE~トラバース~」公式サイト

↑このページのトップヘ