movietraverseのblog

映画TRAVERSEのブログです。

主演の田部井さん、ヒロインの恋さん...

二人共強力な目力(めぢから)を持っています。

00_49_27_13.髱呎ュ「逕サ199

00_46_55_11.髱呎ュ「逕サ191


その眼...瞳は...何か惹かれるものがあります。

それは、”主役のオーラ”を形成する何かの中のひとつかもしれません...

その眼に見つめられたり...

その眼に睨まれたり...

気圧されてしまいます...。

それが、”主役”の目力!

岡田有甲監督、主演とヒロインを決めるに当たって

演技を観たりする前に”決定”を出されています。

IMG_3210

演技力以前の...

”主役のオーラ”を持ち合わせているのか

コイツならメインを張れる...

ということを観られたのではないかと...。

作品からその魅力を感じていただけると思います!

舞台挨拶などで実際に...生で感じていただきたいとも思います。

高梨淳、特撮ヒーロー的観点...

みなさん...特に男性は、”ヒーロー”に憧れた時期がみなさんあると思います。

○○戦隊○○ジャーとか、○○ライダーとか、○○マンとか...

いろいろありますよね!

思い出して懐かしいなぁとか思われる方も多いのではないでしょうか...

そのヒーローの方々は、人間の姿から変身して悪と闘います。

高梨淳は変身こそしませんが、いざ決戦に向かうとき、

勝負服?...戦闘服?...に身を包み敵地へ乗り込みます。

00_48_54_21.髱呎ュ「逕サ197
00_49_44_13.髱呎ュ「逕サ201
00_50_26_10.髱呎ュ「逕サ203


それが変身っぽく見える...というお話もちらほらと...

おおー!! 変身!? いよいよ!? と、熱くなる瞬間です!

戦闘員?をなぎ倒し、途中、中ボスと激闘...

最終決戦のクライマックスでも...高梨は、○○○○○○、○○○○○○します!!

おおー!! いけぇ~! 高梨ィィィィ!!

と、まさにヒーロー!!

激アツヒーロー路線的観方もサイコーのTRAVERSEです。

香港マフィア、蠍(サソリ)

本作の悪役です。

00_19_00_06.髱呎ュ「逕サ085


悪の組織、蠍は、ここ日本にも勢力を伸ばそうと、

この地方都市に拠点を構えます。

既に、警察、政治家などとも裏で繋がって

悪のビジネスを展開しつつありました。


悪の組織、蠍では、失敗は即、死...

失敗の責任は命で償う...

最強の敵マサトも、日本支部?ボスの秘書メイリンも...

そして、日本支部?ボスのウォンも例外ではないと推測されます。

00_19_10_18.髱呎ュ「逕サ087


ウォンは、そんな蠍で、数々の修羅場をくぐり抜け、この立場になったのだと...

高梨の敵は、強大かつ命懸け...まさに、最強、最凶の敵です。

そんな最強、最凶の敵に立ち向かう高梨の武器は...

武道空手と...高梨自身を支え突き動かすもの...それは...

”それ”は、劇場にて!!

01_26_41_05.髱呎ュ「逕サ334


...その高梨の想いは、最後の最後まで葛藤します...

↑このページのトップヘ