movietraverseのblog

映画TRAVERSEのブログです。

サイトでは、TRAVERSEメイキング&劇場用予告動画が公開されています。

ロケのときのいろいろが思い出されます...

DSCF1629


嬉しかったこと、楽しかったこと、辛かったこと...

24時間を超えて、27時間ぶっ通しロケなど...

とっても大変でしたが...中でもアクションシーンでのそれは、本当に大変だったと思います。

主演の田部井さんは、ほとんどのアクションシーンに絡んでいるので、

それはそれはとても大変だったことと思います。

凝縮された...とても熱く、とても濃い時間でした...。


DSCF1678

たくさんのカットを撮り...

それが編集されて、音なども入り、ひとつの作品として完成したときの感動は忘れられません...。

より多くの方に観ていただきたいと改めて...。

世の中が”映画館離れ”しているわけですが... そんな中でTRAVERSEは劇場公開にこだわっています。
DSCF9293
岡田監督は、映画を愛し、映画館離れしていることを嘆き、 かつての、映画に対しての賑わいを取り戻したいと考えています。 映画は映画館で観てこそ、その素晴らしさの全てが伝わる... 大きなスクリーン、音響、雰囲気...あの特別な感じを再び... TRAVERSEと、TRAVERSEアクションは、映画館で観てこそ、アクションの迫力、 画のこだわり、音のこだわりが発揮されます。 ”映画”にこだわって創った映画TRAVERSE 劇場で是非体感してください!

DSCF3062

8月26日、今日は、主演、高梨淳役の田部井さんのお誕生日です。 おめでとうございます! 今日で56歳になられたそうです。
撮影当時は55歳… アクションと武道空手の動きは全く違います。 アクションの撮影はとてもハードで… DSCF1243

気力体力を激しく削りながら 長丁場の撮影となります… 思い出してもぞっとする過酷な撮影でした…
撮影は、凝縮しての撮影だったため、 主演の田部井さんには、大きな負担をかけたスケジュールとなっていました。 こんなスケジュールでは、途中、絶対に田部井さんは倒れてしまう…と多くのスタッフが思っていました。 明らかに、消耗していっているはずでしたが、 田部井さんはどんな状況でも笑顔で周りのことを気遣ってくれていました。 超人でした…。 DSCF1074

スタッフ一同…戦ってと言うのではなく…真の強さを見た!…と言う感じでした。 年齢を考えてもその時、55歳… 奇跡…でした…。 DSCF1055

田部井さんがロケを完遂されたとき、その奇跡に皆が感動し大きな拍手を送ったことを覚えております。 奇跡の55歳…いえ、奇跡の56歳です!
本当に、おめでとうございます。

↑このページのトップヘ