制作部の方にうかがいました。


制作部とは、様々なんでもやります。

そのひとつ、今作で印象深かったひとつが、

いろいろ仰ぎました!!


敵アジト屋上のシーン

高梨とマサトの決戦のシーンですが、

雨が降り出しまして...

降ったり止んだりを繰り返し...

一番怖かったのは撮影ができない状況に陥ることでしたが、

何とか合間に撮ることが出来ました。

DSCF1111


屋上の床は、防水塗料が塗ってありまして、

雨に濡れると滑るのです。

これでは、まともなアクションはできません。

そこで、水をスクレイパーで排除して、

あとは、濡れている地面を段ボールなどでひたすら仰ぎ乾かしました!


あと、仰いだのは、敵アジト内での戦闘シーン

とにかく暑い!

そんな中で激しいアクションをするキャストは汗だくです。

ただでさえアクションは大変なのに...

少しでも涼しく...汗だくのキャストをウチワで仰ぐ!仰ぐ!

DSCF1534

...そんな、仰いだ想い出でした...。


映画TRAVERSE公式サイト