木人(もくじん)

劇中で木人(もくじん)というものが登場します。

それは...このシーンです。

0003

...残念ながら、お見せできません!

木で出来た人型?の人形...そのままですね...

田部井さんの道場に実際にあり、稽古に使われているそうです。


この木人に対して、田部井さんが

カン!カン!カン!カン!カン!カン!!!

と、腕を受けたり、叩いたり...目にも止まらぬ早さで...

それを観ていたスタッフが、

「人間の手ってこんなに早く動くんですね...」

と、驚きの声...


まだロケに突入する前に岡田監督が資料映像としてこの木人稽古の動画を観られ...

大変気に入られたご様子で...木人を叩いてこの叩く音のリズムから決戦に向かう...

という様な感じに...と考えられたそうです。


これも本物の武道家だからこそ出来るシーンです。監督のイメージ通りのシーンに

なっていると思います。