アクションシーンの撮影には時間がかかります。

この映画は、アクション映画ですので...

たくさんの時間をアクションシーンに費やすことになります。

01_26_41_05.髱呎ュ「逕サ334


ひたすらアクション...という日々もあります...。

主役の高梨淳、ずっと闘っています...主役ですから...。


ハードスケジュールの中でのハードなアクションシーンの撮影...

今でこそ、TRAVERSE関連のラジオやテレビ番組で、そのハードなエピソードを

笑い話などにされている主演の田部井さんですが...

その現場は相当過酷だったはずです。

DSCF1055


その現場で、スタッフが思ったのは、

「武道家は...やはり、普通ではない...」

...どのように普通ではないかというと、主役なので、アクションシーンの連続で

ボロボロになっているはずなのですが、現場の雰囲気を明るく、楽しい場所に...

”座長”として引っ張っていたこと...

現場の雰囲気を創るのは、監督と”座長(主演)”です。

DSCF1074


この映画のウリのひとつ、リアル武道空手家を主演に抜擢...で、田部井さんが主演をはられ、

映画の中だけでなく、座長として...超人だった...です。