現在、様々なドラマなどで大活躍中の津田寛治さん演じる、敵のボス・ウォン...

00_19_10_18.髱呎ュ「逕サ087
00_19_00_06.髱呎ュ「逕サ085



さすがの演技でウォンというキャラクターを創られた津田さんです。


「ウォンと言っても日本人なんだけどね...」

というセリフがありますが...アドリブです。

ウォンというキャラクターの国籍までも瞬時に変えつつ...

ウォンというキャラクターを、ウォンという人間を、創られていきました。

あの人間性、あの雰囲気は、津田さんならではです。

00_54_31_08.髱呎ュ「逕サ217


なんとなく...ウォンという人間がどのように生きてきて...

何にこだわっているのか...どういう人間なのか...

具体的には説明がない部分も観えるような気がします。


ウォンの悪党っぷり、その中に観える人間...

TRAVERSEの世界を創る要素のひとつ...

観るほどに、様々が深まる映画TRAVERSE、何度も観て深めてください。