メインロケ地である愛知県豊橋市。

映画TRAVERSEの中には、その豊橋市の”特別”が様々取り込んであります。

豊橋市は、気候は温暖、とても住みやすい街...

新幹線も止まるため、豊橋市に住居を構えて東京に出勤するという事も可能です。


この土地は、気候は温暖ですが、風が冷たい...風が印象的な街です。

屋上でのロケは...風が冷たかったです...。


郊外型の大型店舗も多く、自家用車を持てば、非常に生活しやすい街です。

少し足を伸ばせば、TRAVERSEのロケ地にもなったリゾート地、浜名湖があり、

少し足を伸ばせば、映画もののけ姫などの参考にもなった山岳や森林、

少し足を伸ばせば、サーフィンなどで賑わう太平洋に面した海岸があります。


主演の田部井さんの道場がこの土地にあり、監督がこの地を訪れられたとき、

この場所を気に入られて、ここで撮ろうという運びでメインロケ地が決定しました。


00_07_12_02.髱呎ュ「逕サ040
豊橋名物の手筒花火...大砲のような大筒を抱えて、そこから激しい炎が吹き上がります。
巨大なドラゴン花火を抱えるというとんでもなく勇壮な花火です。
男性も女性も...火の粉を激しく浴びながらあげる姿は、とてもカッコイイです。
大迫力です!


DSCF1412
高梨淳の道場...現実世界で、リアルに存在する高梨淳役の田部井さんの道場。
空手道豊空会総本部道場です。豊橋市の中心にどーんと存在します!

DSCF0837
豊橋市の名物のひとつ、路面電車です。豊橋市の真ん中を横断する形で走っていて、
市民の足として愛されています。
映画のロケでは一車を貸切状態にして実際に走行して撮影しました。

01_32_04_03.髱呎ュ「逕サ353
ラストシーンのこの場所は、豊橋市の駅前大通りという場所。
駅の正面にまっすぐ伸びた道で撮影しました。
ちなみに、敵のアジトを撮影した開発ビルもこの通りにあります。
開発ビルで徹夜で朝までアクションシーンを撮影し、明け方、
ビルを飛び出し、徒歩でこの場所まで行ってラストシーンを撮影しました。


00_59_03_08.髱呎ュ「逕サ236
敵のアジトのロケ地、開発ビル上空からの豊橋市街のドローン映像です。
この映像がとっても綺麗だったというお声もたくさんいただきました!

00_50_26_10.髱呎ュ「逕サ203
豊橋市公会堂という場所です。豊橋市役所目の前にある歴史あるモダンな建物。
中は700人ほど収容できる大ホールがあります。
豊橋市での大きなイベントなどに使用されるようです。
そして、なんと、この建物...主演の田部井さんの曽祖父が建てられたものだそうで...
さらに驚きですが、その
曽祖父、豊橋市長を務められていたそうで...(汗)
...田部井さん...すごい血筋だったんですね...(激汗)


00_20_15_07.髱呎ュ「逕サ090
のんほいパーク・・・豊橋総合動植物公園
動物園、植物園、遊園地、自然史博物館が一体化した施設です。
家族で、恋人と、仲間と、丸一日楽しめるオススメスポットです。

00_45_13_05.髱呎ュ「逕サ186
豊橋市ではないですが、そのお隣...軽く峠をTRAVERSEした先にあるリゾート地。
静岡県、浜名湖...日本有数のリゾート地です。ホテル、別荘、マリンスポーツ、温泉
風光明媚な観光スポットです。

00_15_39_12.髱呎ュ「逕サ069
その浜名湖湖畔にあるユタカマリーナ。TRAVERSEでは、
最初の戦闘シーンとなったこの場所。
実は、田部井さんが懇意にされている場所です。
夏は、ご友人やお客様を迎えて、ここで夏を満喫されるそうです。



様々、巡ってみてはいかがでしょうか!?

映画TRAVERSE公式サイト