movietraverseのblog

映画TRAVERSEのブログです。

タグ:#アクション

TRAVERSE...トラバース...

監督が命名されたのですが...はじめてこの”TRAVERSE”という英文字を見たとき、

読み方すら解らなかった覚えがあります。

01_23_34_13.髱呎ュ「逕サ322



監督が乗り越えるという意味からこの”TRAVERSE”を引き寄せられたのですが...


TRAVERSEの意味を調べると、いろいろな意味が出てきます。

山などを乗り越えるという直接的なものがあり...

TRAVERSEは登山用語で...とか、

斜面を横切る、横断するという意味だったり...

本当にたくさんの意味が出てきます。


映画を観られた方から、TRAVERSEの意味を調べたけれどよく解らなくて...

意味を教えてください...というふうに言われたこともありました。

00_07_53_03.髱呎ュ「逕サ043


TRAVERSE...乗り超えるという意味...。

どんなときも、常に超えなければいけないものはありますが...

現在は、全世界人類共通の敵とも言えるウィルスが...


大変な時期ではありますが、みんなで超えていきましょう!

TRAVERSEを観て...元気を出して!!



高梨父娘は...父娘ともに、強力な目力の持ち主です。


高梨淳...怒ったときの、その鋭い眼光...睨まれたら...固まってしまいそうです。

嬉しさ、悲しみ、哀しみ、苦しみ、憎しみ、慈しみ...

眼からそれが伝わってきます。

01_25_49_02.髱呎ュ「逕サ330




高梨里菜...じっと見据える眼...敵を睨みつける眼...強力な目力炸裂しています。

00_46_55_11.髱呎ュ「逕サ191



劇中では義理の父と娘ですが、実は本当の父娘なんですよね...

と、おっしゃっていた方がみえましたが...

こういう強力な目力もそういうふうに思わせるひとつの要因であると...。


眼は口ほどにモノを言うと言いますが...この二人、まさにそういうタイプ...

印象的な眼...とても魅力的な眼...

その眼力に...やられてください!!


映画TRAVERSE公式サイト

主人公・高梨淳は...

劇中では、ほぼ笑顔がない...

回想シーンで笑顔がありますが、それ以外では...。

00_50_44_05.髱呎ュ「逕サ204


映画を観られた方が、高梨淳役の田部井淳さんに会うと...

笑顔を観て...「笑われるんですね...」

と...。

DSCF5524


映画を観られただけの方は、確かに笑わない主人公という印象...

それだけ映画に入り込んでくださったということですね!

映画を上映したあとの舞台挨拶で、

「怪我は大丈夫ですか!?」

と、言ってくださった方もみえました...

そういう感想も、興味深く、そして、嬉しいものです。

それだけ映画に入り込んでくださったということですから...。

ますます入り込んで下さい!! 観れば観るほど! 

映画TRAVERSEは、家族の絆...の話でもあります...

父と娘の絆、夫婦の絆、母と娘の絆...


TRAVERSEを創りあげているキャスト、スタッフも、リアルな絆で結ばれています。

ロケは短期集中、凝縮して一気に撮ります。

その凝縮した濃い時間は...キャスト、スタッフ、全員が、

ひとつの目的に向けてそれぞれのパートで闘う...

みんなの力を合わせて、TRAVERSEという作品を生み出します。


その凝縮した期間は、短期間ですが、いっしょに闘う仲間...

戦友とも言える仲間...

写真は、完成披露試写会のときに、集まったキャスト、スタッフの写真です。

DSCF3103
DSCF3117
DSCF3133


仲間、戦友...そんな言葉がハマります。

きっと、それから時間が経った現在でも、

もっと時間が経った未来でも、

会えば、一瞬で”あのとき”に戻ることが出来る...

強い絆で結ばれている仲間...チームTRAVERSE!


映画TRAVERSE公式サイト

映画に携わられている方々...

みなさん、映画愛に溢れています。


その代表として、岡田有甲監督。

岡田監督は、映画界、映画館の復権!ということを常に考え、

そして、本物しか撮らないということを、いままで貫いて来られています。



映画TRAVERSEは、そんな岡田監督の想いが詰まった作品です。

「遺作にする!」とまで言われ、創りあげられた作品...

岡田監督渾身の作品です。

それは、キャストのみなさんも同じで...

キャスト代表で、笠原紳司さん。


お手伝いで携わった方に気を使われていた笠原さん。

ちょっと大変な仕事があったりしたそのスタッフに、

「映画を嫌いにならないで下さい...」

と、声をかけられていたり...映画愛に溢れている一言と感じました...。


DSCF1558


岡田監督の想いを受けているスタッフ、キャスト...

全員がこの作品が映画界に良い影響を及ぼせるような作品になるように...

一丸となって...

岡田監督と座長の田部井さんが牽引して創りあげた作品、TRAVERSE。

そんな想いが詰まったTRAVERSEを是非ご覧下さい!

映画TRAVERSE公式サイト

↑このページのトップヘ