movietraverseのblog

映画TRAVERSEのブログです。 日本発の武道空手家によるリアルアクション・ヒューマンエンターテイメント映画

タグ:#ハンブルク日本映画祭

ただカッコよく、エキサイティングにアクションを観せることもできます。

しかし、この映画TRAVERSEは...

痛そう...

01_23_34_13.髱呎ュ「逕サ322
01_27_23_08.髱呎ュ「逕サ343



“リアルアクション”のトラバース、本当に痛そう...

ちょっと血がでちゃったりしているシーンもあります。


そこに込められた岡田監督のメッセージ

闘いは...痛くて、怖くて、苦しいもの...


そして、その痛くて、怖くて、苦しい...を超えて闘う高梨。

そんな、リアルヒーローを感じていただきたい...


リアルアクション!映画TRAVERSE!!



映画TRAVERSE公式サイト

全国ロードショー...

思い起こせば、日本全国津々浦々...

様々な映画館で公開していただきました。


コロナウィルスがなければ、もっともっとたくさんの館で公開される予定だったのですが...

残念でなりません!



そして...現在は、海外でも動きが...

まだまだこれから!!です!!


様々な障害をTRAVERSEしていきます!


DSCF3006



日本全国、大勢の方が観てくださいましたが、

まだまだ、もっと多くの方にお届け出来るように!

DSCF3028


映画館で観る、映画TRAVERSEは、ひと味もふた味も違います!

海外、そして、日本国内でもさらなる映画館での公開を目指します!



映画TRAVERSE公式サイト

アクションシーン・・・

対多人数の乱戦も、一騎討も、

闘いのシーンは、そこでアクションをする全員で創りあげるもの。

DSCF1253


ある種、拳を交えた仲・・・


そのシーンを創るため、一騎討ならばその二人、

多人数でのアクションならば、その全員、

みんなで息を合わせます。


拳を交えた仲・・・本当にお互いが愛おしく、

そして、感謝・・・。

DSCF1244
DSCF1052


非常に強い絆となります。



映画TRAVERSE公式サイト

制作部の方にうかがいました。


制作部とは、様々なんでもやります。

そのひとつ、今作で印象深かったひとつが、

いろいろ仰ぎました!!


敵アジト屋上のシーン

高梨とマサトの決戦のシーンですが、

雨が降り出しまして...

降ったり止んだりを繰り返し...

一番怖かったのは撮影ができない状況に陥ることでしたが、

何とか合間に撮ることが出来ました。

DSCF1111


屋上の床は、防水塗料が塗ってありまして、

雨に濡れると滑るのです。

これでは、まともなアクションはできません。

そこで、水をスクレイパーで排除して、

あとは、濡れている地面を段ボールなどでひたすら仰ぎ乾かしました!


あと、仰いだのは、敵アジト内での戦闘シーン

とにかく暑い!

そんな中で激しいアクションをするキャストは汗だくです。

ただでさえアクションは大変なのに...

少しでも涼しく...汗だくのキャストをウチワで仰ぐ!仰ぐ!

DSCF1534

...そんな、仰いだ想い出でした...。


映画TRAVERSE公式サイト

映画ロケは、全員が、それぞれのポジションで

最高の映画を創るという想いのもと、一丸となって闘います。

映画TRAVERSEは、キャスト、スタッフ、全員とても良い雰囲気で撮影が進みました。

同じ目的に向けて闘う仲間・・・


戦友です。

クランクアップ


自分のポジションで最高の仕事をする!

仲間のことを思いやる。



チームTRAVERSEが一丸となって闘った作品!

最高のチームワークで創った映画TRAVERSE!!


全員の激アツの想いが詰まった映画TRAVERSE!!


ますます、よろしくお願いします!


映画TRAVERSE公式サイト

↑このページのトップヘ