movietraverseのblog

映画TRAVERSEのブログです。

タグ:#TRAVERSE#traverse

大阪、京都での公開がもうすぐです。

大阪シアターセブンでは12月21日(土)~

京都みなみ会館は12月27日(金)~

もうしばらくお待ちください。

東京渋谷ユーロスペースでの公開と同じく、

シアターセブンは毎日イベントあります!

京都みなみ会館につきましては、詳細、もう暫くお待ちください。

IMG-2966


映画を楽しみ、監督やキャストなどが登壇しての楽しいイベント。

昨年の今頃は、クランクアップして1か月ほど経っていて、

編集、音入れ作業中という状況でした。

撮れた素材はバツグン、スタッフ、キャスト、みんなが期待しつつ

出来上がりを待っている状態でした。

クランクアップ_R1

特に監督は、ここからがもうひと仕事...

激闘中という報告をよく耳にしました。

スタッフ、キャストの大きな期待を背負って生まれたTRAVERSEです!

まだ観られていない方...お楽しみに!

ピンチの連続。

いえ、ピンチしかないと言っても過言ではありません。

大勢の敵に囲まれてしまったり、

強い敵に倒されてしまったり、

00_30_54_21.髱呎ュ「逕サ127

01_19_57_18.髱呎ュ「逕サ302


他にもたくさん...

そんな絶体絶命のピンチでどうするのか

どうやってTRAVERSE(のり超える)するのか

もう観られた方はドキドキしながら観て頂いたと思います。

観てない方は、ドキドキして観てください!

どうするんだ!? 高梨!?

いけぇー!! 高梨!!

心の中で叫びながら観てください!

00_46_31_08.髱呎ュ「逕サ192

光もあれば闇もある、良いことも辛いことも

陰陽理論というヤツですね。

高梨家に突然降り注いだ不幸。

闘う理由にもなった不幸。

こんな良くないことが起こったのだから、これを乗り超えた先に、

きっととてつもなく良いことが起こるにちがいない!

そうでもなければ、高梨父娘が報われません...。

その陰陽が法則として働いているならば...

美保は? 佐山は? 川島は? 

悪役のマサトは? ウォンは? メイリンは? レンは? チャンは?

01_22_13_15.髱呎ュ「逕サ313

キャラクターそれぞれの陰と陽が気になる今日この頃です。

悪には悪なりの陰と陽があるのでしょうか?

高梨父娘の未来は!?

気になりますね!

敵のボス、ウォンが築いたアジト。

”悪趣味”な魔王の部屋の様相。

執務室のような場所があり、

リビングがあり、

そして、玉座があります。

日本全土に根を張り巡らせ、日本を手中にすべく活動するための

拠点、根城...

00_18_41_12.髱呎ュ「逕サ083


これは、ウォンの趣味でしょうか...

最終決戦の場にふさわしい雰囲気です。

00_40_11_16.髱呎ュ「逕サ181


ウォンの部下は、失敗を命をもって償うことに...

冷酷非道、極悪非道、

失敗=死 敵の組織”蠍(さそり)”の掟でしょうか、

それともウォンのやり方なのでしょうか、

その中で自らも生きるウォン。

ウォン的、悪の美学というものがあり、それを貫いているように感じます。

冒頭で印象的な激しい火柱とバクハツ音の

”手筒花火”

00_07_12_02.髱呎ュ「逕サ040

00_07_53_03.髱呎ュ「逕サ043

TRAVERSEのタイトルバックにもなっています。

ロケ地である”とある地方都市”が、その手筒花火発祥の地とされています。

太い竹にわら縄を巻き、火薬を詰めて、

それをだき抱えて火花を噴出させるというとんでもない花火です。

噴出の最後には、筒の底が激しいバクハツ音と共に抜けます。その音も大迫力です。

この花火は、だき抱えた筒の噴出口が顔のすぐ横にあります。

当然ですが、噴出した火の粉をもろにかぶりながらあげることになります。

とっても熱いらしいです。そして、とても熱い人たちが、熱い想いで伝統を受け継いでいます。

男だったら絶対に手筒花火を抱えてる!という、男勝りな一面を持つ高梨の妻、亜紀。


00_06_51_22.髱呎ュ「逕サ038

敏腕ジャーナリストという顔もあり、高梨に観せていた妻の顔、里菜に観せていた母親の顔...

家族を、命を賭して護ろうとする愛情、強さ。

そんな亜紀が妻であり、母であったからこその高梨と里菜、二人の想い、葛藤...

その心の模様も、TRAVERSEのみどころのひとつです。

↑このページのトップヘ