movietraverseのblog

映画TRAVERSEのブログです。

タグ:#ヒーロー

この映画TRAVERSEは、

岡田監督のチャンバラ的要素、

白善アクション監督の香港アクション的要素、

そして、田部井さんの、武道空手の神髄エッセンス...

それぞれの想い、形、技術などが詰まっています。

DSCF3021


そんな中で、田部井さんの武道空手の神髄エッセンスが劇中散りばめられているのですが...

「人の身体は水...」

など...。舞台挨拶の時にお客さんからの質問があり、

それに答えられていた田部井さん。


普通に生活していたら、接する場面などまずないその神髄エッセンスの部分。

リアル技術なので、田部井さん、そのことについてお話をされていました。

具体的にやっていること、身体が感じていることを言葉にして伝えていた田部井さん。


そんなことが人間はできるの!? というような内容だったりします...

恐るべし、武道空手家...


映画TRAVERSE公式サイト

アクションは...削れます。

身心が...。


主演の田部井さん、いつも明るくされていましたが、

その実、アクションシーンの撮影を進めるにつれ、身心が削れていきました...。

物理的に身体が削れていく、壊れていく田部井さん。



マリーナでの撮影...

数々のアクションシーンの撮影が待ち受けていてヤバイ感じが...

DSCF1239


脚部に疲労がたまり、脚が腫れあがってしまったり...


クルーザーに飛び乗るシーンで、

着地の際にわき腹をぶつけて傷めてしまったり...

DSCF1313


しかし、それを言い訳にアクションが鈍るわけにはいきません。

リアル・アクションがウリの映画なのですから...


いつも笑顔で場の雰囲気を明るく創っていた座長の田部井さん。

その削れた状態で...リアル武道家の精神力...。


TRAVERSEの現場は、いつも明るく楽しい雰囲気でした...。


映画TRAVERSE公式サイト

「ヒーローは...護るものが多くて大変だ...」

と、”悪者”が言います...(※TRAVERSEでは言ってません)

悪者は、その護るものが弱点となると言います。


確かに、護るものがあるために、ピンチになることもあります。

人質に取られてしまったり、護りながら闘うため足かせになったり...


しかし、ヒーローは、そもそも、護るもののために闘うという大前提があります。

護るものは、ヒーローが闘う理由と言えます。


映画TRAVERSEのヒーロー・高梨淳は、

妻・亜紀を護れなかったことにさいなまされ...

自暴自棄となり、その後復讐のために敵地へ...

00_16_32_01.髱呎ュ「逕サ072_R


自暴自棄~復讐心で走っているときは、”ヒーロー”ではない高梨。

娘・里菜の存在が、高梨をヒーローに!

「里菜を護る...」 高梨の心がそうなったとき、高梨はヒーローとなりました。

護るために闘うヒーロー...

01_23_31_16.髱呎ュ「逕サ324_R


ヒーローになったり、ヒーローではなくなったり...

高梨は、強さも弱さも併せ持ち、とても人間臭い...リアルヒーローなのです。


映画TRAVERSE公式サイト


「映画館を出ての反応」

過去に…

アクション映画を観終わってシアターの扉を開けたとき...

バーン!と出てきて、目の色が変わって…

立ち居振る舞いを真似する大人から子供までの..."男の子"達...

そんな映画がありました。

TRAVERSEをそんな映画にしたいと言われていた岡田監督。


そして...


映画TRAVERSEを、様々な層の方が観てくださって、

それぞれのハマり方をしてくださったように感じます。

IMG_6972


アクションシーンにハマって、目の色が変わっている方も見えれば、

護るために闘うお父さんというところにハマる方...

父と娘のドラマに涙される方...

DSCF5432



そういった多様な反応を拝見し、

幅広い層の方がそれぞれに感じていただける映画となったのだと感じ、

当初の岡田監督が思われた部分も含みながら、さらに様々な反応がプラスされいます。

そこが、「スルメ映画」と呼ばれる所以かもしれません。
何度見ても、いろんな発見があると、言っていただいて、とても、嬉しく思います。

7/10より、Amazonでの独占販売だったDVD販売も、各ネット通販でご購入が可能となりました!
さらに、Amazonプライム、及び、U-NEXTの見放題にも仲間入り。

ぜひ、何度もご覧ください!


映画TRAVERSE公式サイト

IMG_3946

映画TRAVERSEの主演を決める際...


リアルアクションのコンセプトのもと、本物の空手家を起用するわけですが...

岡田監督が主演を決める際、主演候補だった田部井さんの視察?に...

田部井さんの空手道場・空手道豊空会が主催するイベント・カラテSUPERライヴへ。


その、カラテSUPERライヴで、”主演”として活躍されていた田部井さんを観て、

岡田監督がTRAVERSの主演を田部井さんに...と、決められました。

DSCF5477


動き、キャラクター、オーラ...主演を張ることが出来るかどうかを見極める岡田監督。

そして...岡田監督のお眼鏡にかない、田部井さんが主演に決定されました。


主演決定の裏話...です。


映画TRAVERSE公式サイト

↑このページのトップヘ